一般歯科

歯科における全般的な治療

歯科には、歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科という4つの診療科目があります。
この中で一般歯科・歯科一般などは1番目の歯科を差し、全般的な虫歯治療や歯周病治療、義歯などのことを総称します。

当院では保険内診療を前提に、わかりやすい説明と選べる治療や選択肢がある場合は保険適用外の自由診療まで患者様に無理強いすることなくご提案致します。
また、多くの治療が考えられる場合に他の歯科医院・歯科医師に話を聞いてみたいなどのセカンドオピニオンにも対応させていただいております。

虫歯の治療について

虫歯は感染症です。虫歯の進行度合いはCO(シーオー)と呼ばれる再石化で健康な歯に回復する状態から、C2~C4まで治療から抜歯せざるを得ない状態まで分けられます。
当院では、なるべく歯を残したいという治療方針から定期的な歯の検診と予防を重視しておりますが、抜歯せざるを得ないケースもあります。抜歯した歯を補う手段としては、ブリッジ(両サイドが健康な歯の場合、それらを削って橋のように引っ掛ける個所を作り抜けた歯を補う方法)や入れ歯かインプラント(保険適用外)があります。

虫歯は再発リスクは80%

虫歯はミュータンス菌という細菌による感染症です。一般的に虫歯菌と呼ばれることも多いですがこんも虫歯菌は人によって多い少ないがあり、虫歯菌の数はおおよそ変わらないとも言われています。
ですので虫歯になって歯の治療をしたから「治った」訳ではなく、あくまで虫歯の治療をし、その後の再発リスクを軽減しながら生涯歯をなるべく虫歯にしないように最近では「予防」が重視され始めました。

銀歯と金歯・セラミックの被せ物の歯について

保険内治療は安価で治療が可能ですが使用できる素材や材質には決まりがあります。
保険適用外の自由診療には高額で(そのものの価格や治療費)がかかりますが材質に制限はありません。では何が違うかというと一般的には治療した歯との適合性です。銀歯よりも金歯は被せた歯に対し密着度が高いため、銀歯に比べて再発リスクが低いといえます。また最近では他の歯と同じように白くて審美性の高いセラミックの歯が人気です。

 

麻酔の前の表面麻酔

王子神谷おおぞら歯科 痛くない歯医者 表面麻酔

当院ではお子様の歯の治療や、痛みに弱い方のために表面麻酔をご用意しております。
表面麻酔は塗る麻酔なので、麻酔を打つ個所に塗布することで麻酔注射の痛みを軽減出来ます。

電動麻酔で痛みの軽減を

電動麻酔 痛くない歯医者 王子神谷おおぞら歯科

当院では痛みをなるべく抑えられるよう電動麻酔を導入しております。
手動のものに比べ極細の針で自動的にゆっくり注入されることで麻酔時のストレス緩和に大きく貢献してくれます。器機からメロディーが鳴ることで、緊張や痛みの感じ方を和らげる効果が期待できます。

Copyright © ojikamiya-dental All Rights Reserved.

初診の予約は、こちらから。

(カルテの作成や、急患の内容によりお待たせすることもあります。ご了承下さい)
※また、再診の方は、内容を確認致しますので電話にて連絡お願いします。
TEL:03-6336-2300